Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

美女と竹林

美女と竹林
森見登美彦氏のはてしなく拡がる妄想が綴られた
『美女と竹林』を読んでます。

「これからは竹林の時代であるな!」閃いた登美彦氏は、京都の西、桂へと向かった。
目指すは竹林成金!MBC(モリミ・バンブー・カンパニー)のカリスマ経営者…

「二十一世紀は竹林の時代じゃき」
「諸君、竹林の夜明けぜよ」

今回嵐山へ訪れたのは、竹林に足を踏み入れたいと願ったのも、その理由のひとつ。

そうなのかのぅ

嵐山 天龍寺 にて。

青竹ならぬ、青カエル。
頭の雪は、何らかの修行か。頭を冷やして思案中か。

「KAGUYAというプロジェクト」
「MBCは宇宙エレベーターの実用化に着手することを決めました」
「我々は竹によって月を緑の星に変える」
「私は『竹取物語』の発想に魅せられてきました。
竹が地上と月を結ぶという発想は、我々の事業を先取りするものであったのです」

美女

美しき女性がひとり、庭園の前で佇んでました。

竹林

百花苑 の奥には雪化粧の竹林。

青竹1本

雪の上に影。
擬似青竹がここに出現。

「風が吹くたび、登美彦氏は自然に生きる竹の強さと孤独を、味わい続けた」

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/02/19(土) 01:50:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<渡月橋 | ホーム | 続・鏡餅>>

コメント

おはようございます。

雪景色の美しい庭園に竹林ですね。
ぼくも京都行きたくなっちゃった!
  1. 2011/02/19(土) 08:22:35 |
  2. URL |
  3. なな #-
  4. [ 編集]

白の世界

ななさんこんにちわ。コメントありがとうございます。
広辞苑で「白」を調べると①雪のような色②太陽の光線を一様に反射することによって見える色 と記されていて、京都の雪世界の中でしみじみ「白」という色を堪能しました。太陽の光がさして来ると、①も②も併せて体感できてやや興奮気味でしたよ。

『美女と竹林』を本屋さんで見つけたとき、隣に並んでたのが松浦弥太郎氏『くちぶえサンドイッチ』で、再度いっしょに入手しちゃいました。「河井寛次郎さんの本」のところがお気に入りです。

京都、いきましょう、いきましょう。
  1. 2011/02/19(土) 16:43:54 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

akiyasu_sukiyasuさん今晩は!

京都いいですね!
雪の写真素敵ですね!
寒そうですね!

お写真を拝見してると…
あまり得意では有りませんが「旅」がしたくなりました
写真に引かれてる証拠です!

  1. 2011/02/19(土) 19:25:29 |
  2. URL |
  3. leica-egoiste #-
  4. [ 編集]

そうだ、京都行こうキャンペーン

こんばんわleica-egoisteさん。コメントありがとうございます。今宵はとてもきれいなふわふわおぼろ月ですね。

大晦日に京都に雪が降るのは、大変珍しいと地元の方が言われていました。年末年始の雪景色、ラッキーでした。ただし、すご~く寒かったです。ヒートテックにお世話になりました。

「旅」はいいですよね、脱日常。知らない街を歩くだけで何らかの新鮮な事象に出逢えます。

みなさんと京都の町を撮影散歩ご一緒できたら、とっても楽しいと思います。
  1. 2011/02/20(日) 01:01:33 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/959-6a0384e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。