Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大晦日。しんしんと雪降る夜。
宿の玄関の鏡餅を撮りに、階段を降りました。


ファインダー越しに鏡餅を見つめていると、なんだか不思議な浮遊感。
ほんもの と ガラス窓に映ったにせもの 
迫ってくるのは、ほんもの の方ではないような気がして。
なぜ?

窓の鏡餅

ガラス窓に映った鏡餅の方が、どうも魅力的でして。
闇に浮かんでいるから?

実物を見ることと、鏡やガラスに映ったものを見ること。
実際どっちを頼りにしているか、と改めて考えてみると、自分の顔や姿なんて、鏡やガラスに「映った」もの、写真や映像に「写った」ものしか知らないものでして。「ほんもの」の自分の全身を見たことって、そういえば、ない、ない!他人のことだとよくわかるのに、自分のことだとよくわからない、ってのは、このせいなの?なんて、真剣にハッとしたりして。
当たり前のこと過ぎて、ばかばかしいのですが、自動車生活においても鏡は欠かせない。でも、見ているのは「映った」もの、ほんものではな~い。ほんもの を見る前のプレビューを、この生活の中でいかに頼りにしていることか。


鏡餅って言葉からして、なんだか。
そもそも、どうして鏡やガラスには「映る」っていう現象が起こるのか、光線の反射だとかなんだとか、詳しいことはわからナーイ。そしてだいたい、鏡餅は何ゆえその名を「かがみ」というのだ。鏡が丸いから?丸いんだったら、太陽だって、満月だって、洗面器だって、なんでもあるではないか。古来の尊いものが鏡だったから?神へのお供えってことで?

そんなクエスチョンは、夜の帳とともに深まるばかりでした。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/02/16(水) 00:35:17|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<続・鏡餅 | ホーム | ふりだし>>

コメント

ブログ引っ越し、さすが~。
刺激になります!いろいろ教えてくださいね!

闇の中の鏡餅、不思議…。
羽根やコマの飾りも不思議…。
  1. 2011/02/16(水) 18:26:27 |
  2. URL |
  3. モンステラ #-
  4. [ 編集]

不思議ですよねぇ。。。

モンステラさんこんばんわ。コメントありがとうございます。転々としてましたが帰ってまいりました。
モンさまのFC2ブログお花ノート、優美なひとときを楽しませていただいております。うっとり気分です。
巷では、紅梅、白梅がだんだんほころんできましたね~。梅園に撮影に行きたいものです。

鏡餅のまわりの羽やコマなどは小さなミニチュアで、よくできてましたよ~。座敷わらしがきゃあきゃあ遊んで散らかしていった後のようでもありました。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2011/02/16(水) 23:44:55 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

鏡っていうのは信用できない気がしていて

とくに車を運転しているときバックミラーにしろサイドミラーにしろなんか信じられなくて必ず目で確認してました。
でもバックの車庫入れが全然うまくいかなくて
サイドミラーで確認しながらいれるようになったら
とってもうまくいくようになりました。

信じるって大事(笑
  1. 2011/02/19(土) 15:00:51 |
  2. URL |
  3. ウナム #A8BJpryA
  4. [ 編集]

鏡 / 境

ウナムさんこんにちわ。コメントありがとうございます。ウナムさんの仰せの車のミラーのことは、同感です。やっぱり、目視!もくし!でも、車庫入れはミラーさま、頼りのミラーさま。

ルイス・キャロルさんの『鏡の国のアリス』(←この本についてはあちらこちらでボヤいているのですが)は、現実と非現実(鏡の国)の境界線が鏡でして、この「境」と「鏡」という字が似ているのも気になるところです。
もう言い出すと止まらなくなるんですが、日々使用している眼鏡は「眼」の「鏡」ですよ。人類が映像を手に入れる起因となるカメラ・オブスキュラは「写真鏡」ですよ、ああ、ああ。
もしも鏡がなかったら、もしも「うつる」(映るも写るも)という現象もあり得ず、絵画や写真等芸術も生まれることもなかったかも?もっと大きく言うと眼そのもののしくみ、「見る」ということにも波及してくる。。。

とりとめのない午後でございます。
  1. 2011/02/19(土) 17:24:06 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/957-5172ca15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。