Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1月の本

2009年に入って読んだ本のいくつかの覚え書きです。

1.『あなたと、どこかへ。』

  吉田修一さん、角田光代さん、石田衣良さんら

  今をときめく8人の作家が手がけた短編アンソロジー。

  「あなたと」の「あなた」は、

  恋人、配偶者、家族、または自分といろいろ。

  Anywhere but here、沢木耕太郎さんをも髣髴します。

  (Somewhere Anywhere は naomiさん~♪)

 

  クルマで出かける場面を用意する、というのが

  8人の作家さんのお約束だったそうです。

 

  通り過ぎる、そのような感じで読み終えてしまいました。

  『遠い雷、赤い靴』(片岡義男さん)は、

  幾度が繰り返して読みました。

 

 

主人公の「彼」は四十八歳、職業は写真家。

妻は仕事の関係で三年前からヨーロッパ暮らし。

日本に残った彼は三日前から自動車でひとり旅をしている。

二十六歳のとき、やがて妻となる女性と初めて会った場所への再訪の旅。

 

「…海に沿って蛇行している県道の前方、

低い山なみの向こうから、暗い雲が幅広く張り出しつつあった。

その雲の暗い色は、同時に雲の分厚さでもあった。

強い雨をともなう雷雲だ。

これは夏の終わりの季語だ、と二十六歳の彼は思った。

大学で写真を勉強してしていた頃、

教授のひとりがふと口にしたひと言を、

そのときの彼は思い出していた。

俳句の季語はひとつ残らず写真に撮ることが出来る、

というひと言だ。」

 

「俳句の季語はひとつ残らず写真に撮ることが出来る」

この一文が印象に残りました。

 

2.『こぶしの上のダルマ』 

  医師であり作家でもある南木佳士さんの八篇の連作小説集。

  氏の作品を読むのは『阿弥陀堂だより』に続いて2作目でした。

  自身が襲われた極度の心身症から少しずつ回復してきた心境が

  八篇のあちらこちらに伺えます。

 

「世俗の価値の重ね着の重さに耐えかねて発病したらしい前半生を悔いて

余計な着衣を一枚ずつ脱いできたはずの日々の中で知らぬ間に

身にまとわりつき始めた薄い不遜の衣に驚くと同時に、

そうだ、あのルートがまだだった、…」

 

「こぶしの上に小さなダルマが載ったもんが周りをぐるんぐるん回るんさ。」

 

3.『乃木希典』

  従来の乃木像をくつがえした福田和也氏の傑作とよばれる一冊。

  夏目漱石、森鴎外、司馬遼太郎、小林秀雄…と大物作家が

  乃木大将について多くを語ってきました。が、

  「そんな大物作家の疑義を放置せず、日露戦争百年を機に、

  あまり刺激をしない攻め口でさらりと訂正を加えたのが、

  本書の福田和也氏の仕事である。」(兵頭二十八 ・ 軍学者)

 

 

 先日の撮影会場所の植物園でtomo.さんが

 「へー、ハナミズキってこれ~。一青窈が唄いようやん、

 どんなんかな~っ て思って」 

 とハナミズキの木を見て言っておられました。

 アクロスの裏、天神中央公園にもたくさん咲きます。

 正式名称「アメリカヤマボウシ

 カバティーナ

 昭和26年4月、占領軍司令官を解任されたマッカーサーが

 帰国する直前に乃木邸に植樹したものらしいです。

 

「…一度は敗れ、ようやく苦戦を制したアメリカ軍の元帥には、

乃木希典を敬慕するだけの弁(わきま)えがあった。

消え去りゆくことになった老兵は、

老将に何かを手向けずにはおられなかった。」

という、マッカーサーが植えたハナミズキについての記述も

この本の中にあります。

 

ジャケ買いならぬ、装丁買いでもありました。

乃木大将のポートレートに「これはなんだ?」と誘われてしまった1冊。

皮のブーツの光沢は、その手触りまでも感じさせられます。

 

 

※ちょいと重い感じになっちゃったので、おまけ。

 今年は「逆チョコ」?を推奨されている森永さん。

 ただいま、レイモン・サヴィニャックの

 期間限定パッケージですよ~

スポンサーサイト
  1. 2009/02/08(日) 07:11:31|
  2. | コメント:6
<<ZOO 2 | ホーム | ZOO>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/02/09(月) 08:44:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/02/09(月) 09:47:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/02/11(水) 04:47:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/02/12(木) 09:08:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/02/12(木) 09:53:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/02/12(木) 10:11:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。