Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フィルム

 

現像していないフィルム、何本ありますか?

「おくりびと」の脚本家として記憶に新しい小山薫堂さんの初めての小説『フィルム』の文庫巻末に

写真家・飯田安国さんとの対談「もう1本のフィルム」が収録されてあります。

小山さんの思惑通り、通常の「解説」よりもこの「対談」の方が、効果的だと感じました。

 

 

小説では、顔も知らない父親の遺品から現像しないままのフィルム1本が見つかるのですが

対談によると飯田さんの現像していないフィルム本数(フィルム貯金)は400本ぐらいだとか。

仕事や遊びが忙しく現像する暇がなかったのを放って、いつかまとめてやろうというつもりが

だんだん本数が増え、いつ撮ったかのかもわからなくなってきたのが面白くなったそうです。

現像して写真を見れば、いつどこで撮ったか思い出せる(だろう)、というもの。

確かにそういう面白さはあるような気がします。

 

私の場合は、現像していないフィルムは多くがカラーネガで、お店で現像なので

飯田さんの面白さとは異質であるとは思います。

自分で現像するとまた面白さが増すのだろうなぁ。

現像していないフィルム数本。どれも最近のものではなく、いつのだろうフジ12枚、さくらなど。

その外観、デザインから、おおよその年代は推定でき、その頃の情景も想像できます。

いつのだフィルムは、当然ですがミラクルな色の写真として仕上がってきます。

ちょっと前現像した十代の頃撮ったであろうフィルムは、ピンクの世界でした。

愛犬タロウもピンク色。ピンク色のビーグル犬もなかなかでございました。

 

撮ったものはすぐ見たい。カメラ屋さんへ直行コースが常でありますが、

意識的に現像しないままにしているフィルムもあったりします。

小山さん自身、現像しないで持っている1本のフィルムがあり

それが小説を書くひとつのきっかけになっているのだそうです。

 

スポンサーサイト
  1. 2009/06/20(土) 10:15:07|
  2. | コメント:2
<<初夏 | ホーム | happy6.16>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/06/20(土) 23:16:30 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/06/21(日) 00:04:26 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。