Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

博多大仏

 

 

 

 

東区馬出(まいだし)にある「称名寺」へお墓参りに行きました。

 

 

写真右側、どっしりとした大きな石造りの台座があります。かつてはこの上に高さ5.5メートルの「博多大仏」さまが座っておられました。

台座の中は、日本仏教の各宗派を開いた8人の祖師像(八宗祖師像)を安置する造りになっていました。現存する栄西禅師像、伝教大師像は福岡市博物館で保存されているそうです。

 

 

 当時の博多大仏さまの姿。博多仏師 高田又四郎が原型制作した青銅製の釈迦如来坐像。

称名寺の大仏 

博多土居町称名寺に大仏が座った。建立を思い立ったのは明治四〇年頃。寺では銅、鉄の寄進を一般からつのって磯野鉄工所に大仏鋳造を頼んだ。磯野では奈良、長谷についで日本で三番目の大きなものを造ると頑張った…

(国書刊行会「ふるさとの想い出写真集 明治大正昭和 博多」波多江五兵衛 石橋源一郎共編 より  昭和54年発行)

 

左手に大仏さまの姿があります。明治45年当時、称名寺は博多区土居町にあり、大仏さまは博多の名物だったそうです。

大正7年、称名寺移転に伴い、大仏さまも東区馬出へ移りました。

昭和17年、戦争激化。国への金属供出によって博多大仏は姿を消すことになりました。大仏さまが鉄砲玉になったのか、何になったのかはわからない、とにかく戦争の為、お国の為、あらゆる銅鉄の類が回収された、兄ちゃんたちの学ランの鋳型ボタンまでも供出した、と母は話します。

鑾龍蓮木魚時宗石像 

主を失った台座。

空が とても高い。

戦跡は静かに語りかけてきます。

 

スポンサーサイト
  1. 2009/08/15(土) 07:24:21|
  2. | コメント:2
<<なつやすみ | ホーム | 4×30>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/08/17(月) 02:19:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/08/17(月) 18:17:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。