Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

踊る

London Calling  BLAND NEW CADILLAC

夏まっさかりの日曜日でした。ここ数日は、夕立がやってきて、さぁーっと暑さをクールダウンしてくれています。植木たちも水浴びして気持ち良さそうです。ニンゲンも、大粒の恵みの雨に思わず両手挙げて踊りだしたくなります。

踊る、といえば、映画『踊る大捜査線3』を、過日友人たちと観てきました。笑いと哀しみは、表と裏であることを感じさせてくれる映画でございました。『ベティ・ブルー』のときも、それは感じたな。いつだって(ヘビーなときこそ)、笑いの要素がどこかに隠れていて、それが必要なときにひょっこり顔を出す。どこぞかの神様か誰かが、そういう「救い」をちゃんと用意してくれていることを、特にこの2、3年の間、幾度も感じております。

踊る、といえば、映画『フットルース』も我が青春の1ページであります。ある事件をきっかけに、ロックもダンスも禁じられたハイスクールのみなさんが、卒業ダンスパーティー開催、ロック&ダンス禁止令廃止を目指してがんばるがんばる物語。(大雑把ですみません)(ロックもダンスもない人生なんて、とても考えられません)あのときも救ったのは神の存在でしたねぇ。聖書の中に唄え、喜べ、踊れ、祝え、共に、云々。日本でもそうでございます。例えば古来から、稲作豊作願って、唄い、踊り、神に願う、捧げる。お城の修築工事が終われば、お酒をふるまい、その勢いで唄う、踊る。もうすぐお盆ですが、先祖霊供養のための盆踊りも然りです。唄うこと、踊ることは、ニンゲン以外の生命体らしきものとの(勿論ニンゲン同士も)通信手段のひとつだったんじゃないかとも思います。キャンプファイヤーなんて、その感じがすごく出てません?満天の星空の下、暗闇に燃え上がる炎、ファイヤー!うおー、うおー雄たけびダンス。ああ、夏の夜は、どうしてこうも野性に戻りたくなるのか。。。

 

 

スポンサーサイト
  1. 2010/08/08(日) 11:25:52|
  2. | コメント:2
<<座る | ホーム | 太陽の色>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2010/08/08(日) 13:06:29 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2010/08/09(月) 17:15:37 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。