Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

光あれ

まどより

街灯も懐中電灯もないときに、携帯電話を灯り代わりに使いました。
携帯電話は、非常時のときにそのようにして「灯り」として使われるよう
意図されて作られている、という話を聞きました。
人は 灯り がなくなってしまうと 希望を、力を、失ってしまうから、
と付け加えられました。

玄関より

聖書にもありました。

はじめに神は天地を創造された。
地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。
神は言われた。「光あれ」

こうして、光があった。
神は光を見て、良し とされた。

神は光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。
夕べがあり、朝があった。
第一の日である。

「光あれ」


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/11/26(水) 00:00:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<本を読む | ホーム | Keeper>>

コメント

ああ、そうですね。
私も携帯電話を灯りの代わりに使うときがあります。
電気の灯りのある生活が当たり前になっているけれど、
光にあふれた生活が出来るのは本当に幸せなことだと思います。
太陽の光は明るさと共に暖かさもあって、
最近は特にありがたさを実感します。
(氷室サンの歌詞を覚えたてなので書きたくてしょうがないのだけど、
今回はやめておきましたw)
  1. 2008/11/26(水) 22:30:41 |
  2. URL |
  3. ヒツジ草 #nKD1BgzM
  4. [ 編集]

なぜ光は闇を生むのだろう byごろーまつい

>ヒツジ草さん
こんばんわ。氷室さんの世界にどっぷりのようですね~
どんどんお詳しくなられているご様子ですね。
私もいちおう?女の人なのですけれど、
氷室さんの歌詞のいろんな部分に共感するものがあります。
感覚的に男の人寄りなのかもしれません~(笑)

>光にあふれた生活が出来るのは本当に幸せなことだと思います
んだ、んだ、そんだべ。ほんとにそう思います。

  1. 2008/11/26(水) 23:20:26 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/11/28(金) 23:21:51 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

>鍵コメントさん
お久しぶりです。お元気でしたか?
ロラン・バルトと言語と記号あたりをちょうど彷徨っていたここ数日でした。
たくさんの情報ありがとうございます。
ドゥルーズのアベセデールは、日本語訳がつくとやっぱりうれしいです。
「A」だけでも興奮してしまいました。好きだなぁ。
いろいろ楽しんだ後、また感想おくらせていただきます。
ありがとうございました。
  1. 2008/11/29(土) 00:11:34 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/12/12(金) 21:35:58 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

>鍵コメントさん
こんばんわ。
コメント、HPお知らせありがとうございました。
知りたい欲の度合いのわりには、
目下、吸収力が乏しく。。。
のちほどおたより申し上げます。
  1. 2008/12/14(日) 02:54:46 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/750-d8f9a222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。