Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寝覚めの床

浦島たろさん寝覚めた

ウナムさんの個展の翌日、晴天。
ウナムさんガイドつき、ウナムツアー決行。
柿色キューブは木曽路を走るよ、走るよ、走るよ~
道中、いくつもの橋を見つけたのですが
なぜか橋を渡る人をひとりとして見ることが無く
atsuko.fさんとなぜだ、なぜだ、なぜ人がいない~?
とわけもなく興奮状態。木曽路の地名に感嘆の声。
山々の姿にきゃあきゃあ黄色い声。
九州の道を辿るのとは大違いのドライブでした。

そして、辿り着いたは長野県!浦島たろさんの 「寝覚めの床」!

大きな花崗岩とエメラルドグリーンの水面が美しい。
自然の造形美に、ただただ驚くばかり。
すばらしき景色、おいしい空気をありがとうございました。

とこを撮る

「寝覚めの床」の名は、浦島太郎さんが竜宮城から帰ってきた後
ここで目を覚ました、という伝説がその由縁なのだそうです。

詳しくはコチラ!たのしい解説付き → 「寝覚めよ!」 (「ウナムのまなざし」より)


岩だらけ

下の方へ降りていきたかったのですが、足取り軽やか、のつもりが
すってーんとすべって転んでしまう始末。
転んだときに、ある意味で私も「寝覚めた」ような気がしました。。。
気持ちとカラダは比例しなくなっている、無理はすまい、
と自覚した瞬間でした。

旅は、いろんなことを気づかせてもらえます。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/10/29(水) 23:53:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8
<<四季 | ホーム | ハロウィン>>

コメント

Re: 寝覚めの床

賑やかな柿色キューブの車内が目に浮かびます。

こういう場所を見ると、岩の種類は何?地形が形成された要因は何?なんてことがわからないと落ち着きません。

それにしても、こけて怪我が無くて何よりでした。
  1. 2008/10/30(木) 00:19:39 |
  2. URL |
  3. 満月 #-
  4. [ 編集]

Re: 寝覚めの床

>満月さん
こんばんわ。ウナムさんのご引率で木曽路の旅を楽しませて頂きました。朝から夕方までわいわいツアーでしたよ。

おお、でました!満月さんの石・岩気になる症候群。小生は花崗岩ということしかわかりません~。満月さんの方が石関係はお詳しいので、どうしてこんな地形になるのか、自然の彫刻が成されて行くのかを、教えて下さいまし♪

転んで擦り剥いた内くるぶしは尚やや痛しです。治りがおそーい。とほほ。。。
  1. 2008/10/30(木) 00:43:17 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

Re: 寝覚めの床

akiyasuさんが・・・消えた!
軽やかなジャンプのあと岩陰に吸い込まれていったakiyasuさん
かなりびっくりしました。
ケガはちょっとしてたんですね・・・
カメラのケガがなくてよかったですw
寝覚めの床は若干遠いけれど喜んでもらえて行ったかいがありました。
また行きましょう♪
  1. 2008/10/30(木) 09:31:28 |
  2. URL |
  3. ウナム #A8BJpryA
  4. [ 編集]

Re: 寝覚めの床

同じ花崗岩でも、高千穂の奥、鹿川渓谷の様相は全く違います。一言で言うと「大きく丸い」んです。水は全くの透明。
かなりフォトジェニックです。今度お連れしましょう。夏ならそのまま泳げます。ヤマメも釣れます。温泉もあります。でも、遠いです。
  1. 2008/10/30(木) 15:02:07 |
  2. URL |
  3. 満月 #-
  4. [ 編集]

Re: 寝覚めの床

>ウナムさん
おはようございます。ウナムツアーありがとうございました。
初の木曽路は思い出深い地になりそうです。
おほほ、転んだところをウナムさんに目撃されていましたよね。恥ずかしかったです(笑)
年を重ねるというのはこういうことなのだなと、思い知りました。。。
しかし、あの下の方には、やっぱり行ってみたい!
次回は、しっかりした靴を履いてきます。
  1. 2008/10/31(金) 07:01:06 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

Re: 寝覚めの床

>満月さん
おはようございます。高千穂の奥の鹿川渓谷の花崗岩?
うーむ、高千穂のイメージばかりで、どんなのか思い出せません。
花崗岩の様相が異なるだなんて、これまで意識していなかった点であります。
満月さんの川釣り写真を今思い出していますが、さすがお詳しいですねぇ。
フォトジェニックな花崗岩、まだ未実地の遠方撮影隊ツアーの候補としていかがでしょう?
どうぞよろしくお願いします~
  1. 2008/10/31(金) 07:07:41 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

Re: 寝覚めの床

なぜウナたんがその瞬間を撮ってくれなかったのか、残念でなりませぬ(笑)
  1. 2008/11/02(日) 12:31:58 |
  2. URL |
  3. raota #pt67g6gE
  4. [ 編集]

Re: 寝覚めの床

>raotaさん
こんにちわraotaさん。わはは、ほんとですね。
今となってはその瞬間写真があったら面白かったかもです~
あの時は咄嗟に、誰も見てないわよねっと、周囲を見渡し
何もなかったようにしたかったのですが
ぎゃあぁ、ウナたん、こっち見てた。。。でございました。
  1. 2008/11/02(日) 13:12:15 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/731-33b66b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。