Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふたたび

よ・む
皐月晴れの気持ちのよい朝。
五月の連休、いかがおすごしでしょうか。
今日から24時間×3日=72時間を、私も有効に使いたいと思ってます。

時間に余裕がある、という意識があるだけで、
長編ものや、読みかけのものに手がのびます。

五月の本はこれ。
ふた・たび
ブライヅヘッドふたたび』 イーヴリン・ウォー 吉田健一[訳]
本の帯より内容紹介。

「舞台は1924年、オックスフォード大学。
勉強熱心でまじめなチャールスは
美しく奔放な青年貴族セバスチャンと出会い
その魅力にひきつけられていった。
二人の間にはすぐに友情が生まれ、
チャールスはセバスチャンの家族が住むブライヅヘッドの城を訪ね
その華やかな世界の抗しがたい魔力にとらわれてゆく。
一方、セバスチャンは酒浸りの乱れた生活に溺れてゆき、
やがて倒錯した愛に溺れはじめる・・・。」

この本は、復刊ドットコム へ寄せられた読者のリクエストによる復刊もの。
発行所はブッキング。底本は1990年の筑摩文庫版になります。
ネットで本のお買い物をすれば、入手できやすいのはわかっていても
なぜだか街の本屋さんで本を求めたくなります。
この本も、街の本屋さんを何件か探しまわって手に入れました。
在庫なし、の本屋さんが続き、やっと丸善で出会うことができました。
本棚ではなく、ひきだしの奥底に1冊のみ残っていました。
ひきだしの暗闇から外へ出てくるときの様子は、まるで宝物さがしのようでした。
丸善の店員さんが 「あ、ありましたよ~!これですか!」 と言葉したときの
なんともいえない 晴れ晴れとした表情も思い出となっています。

本の扉を開くのは、毎度のことながら
どうしてこうも わくわくするのでしょうね。

人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/05/03(土) 08:15:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<「手しごと展」より | ホーム | とんがる>>

コメント

Re: ふたたび

おーっ、akiyasu_sukiyasuさんも、
読書しておられるのですねー。
私は、明日から、関東に行きます!
本を持って!(笑)

観光じゃないから、
あんまりカメラ方面は期待出来ないケド、
一応、カメラは持ってく。
なんか、今年のGWならではのが一枚、撮れたらいいな。
  1. 2008/05/04(日) 00:23:14 |
  2. URL |
  3. Roco #8iCOsRG2
  4. [ 編集]

Re: ふたたび

Rocoさん
お。関東へ行かれるのですかっ、いいですね~。
明日も全国的によいお天気のようですね。写真日和になるといいですね。カメラと本を道づれの旅は私も大好きです。
Rocoさんはどんな本を連れてゆくのかなぁ。

航空券や切符、施設の入場券、宿泊先のパンフ、カフェのコースーターやワインのラベル等に旅の思い出は刻まれていきますが、私の場合、やっぱり、写真=旅ですねぇ。

Rocoさんの今年のGWならではの1枚!撮れますように~(祈)

  1. 2008/05/04(日) 01:39:39 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/558-8d1755d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。