Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

塩キャラメルアイス

仕事を共にしていた後輩が退職。
生まれ育ったふるさとへ帰省されます。

お花のような笑顔で職場を和ませてくれた彼女。
ちゃきちゃきと仕事をこなしてくれた彼女が
隣の席からいなくなってしまうのが
とても、とても 
とても さみしい。

退職の夜、塩キャラメルアイスを食べました。
塩辛くて 甘い のか
甘くて 辛い のか。
辛い (からい) は 辛い (つらい) のか。

塩キャラ


彼女のことは絶対忘れないし、
彼女も
私たちのことを
ずっと忘れないで欲しい。
この2008年を覚えていて欲しい。

遠くから あなたの
新しい旅発ちと、幸せを祈っています。

人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/03/15(土) 21:53:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ツァイス イコン | ホーム | うさぎ群がる>>

コメント

帰るところのある人はいいですよね。
皮肉とかじゃなくって。
春はなぜか、別れの季節ですね。
  1. 2008/03/16(日) 07:48:39 |
  2. URL |
  3. arriba #-
  4. [ 編集]

春なのです

arribaさん
柏原よしえの唄に「春なのにお別れですか」というフレーズがありましたが、そうなんですよね~。
春という芽吹きの季節は、別れ=旅たちの季節ですよね。
「一期一会」ということばをこの時期に意識してしまいます。
どこの国の方だったか忘れましたが、日本のことばへの美しさをうたっている海外の方がいて、この「一期一会」をとても称えていました。こんな美しい言葉はそうそうないものだ、と。

arribaさん、南米にも「一期一会」のような言葉ってありますか?
  1. 2008/03/16(日) 14:34:37 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

南米は

南米は、たぶん逆です。
「必ずまた会えるよ」というふうに話をもっていきます。
たとえば、パタゴニアで「カラファテ」という植物の実を食べると、必ずここに戻ってくる、とか。
ぼくはむさぼり食べましたが……
あと、アフリカも同じ感じがありますよね。元々は一緒の大陸だったせいかな。
「アフリカの水を飲んだ者は、必ずアフリカにまた戻る」
とよく言われています。
その気持ちは、わかります。
  1. 2008/03/18(火) 21:58:22 |
  2. URL |
  3. arriba #-
  4. [ 編集]

カラファテ食べたい

arribaさん
なるほど。またまた勉強になりました、ありがとうございます。南米・アフリカともに逆なのですね。カラファテの実は私もむさぼり食べそうだなぁ…「日本の水を飲んだ者は、必ず日本にまた戻る」とちょっと試しに言って見ましたが、なんだかしっくり来ない気がしました。うーん。

彼女が職場を去る最後の日、皆で食事をしたのですが、別れ際に上司が、歌詞カードを配り始めまして。「いつまでも絶えることなく 友達でいよう…」という、あの唄。
ベタベタかもしれないけれど、素直に皆で合唱してしまいまして。
2番の「空を飛ぶ鳥のように 自由に生きる 今日の日はさようなら また会う日まで」、ええ歌詞や~と思ってしまいました。この唄は、南米・アフリカの感じと似ているような気がしました。
  1. 2008/03/18(火) 23:05:05 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

また会う日

ぼくは今、なぜか札幌に入りびたっているわけですが、
20年以上会っていなかった大学時代の友人と毎晩のように飲み歩いています。
失われた20年をとり戻すかのように……
体にはよくありませんね。v-12
人生、長い目でみると、別れというのも一時的なものなのかもしれません。
もし本当にご縁がある人であるならば。
  1. 2008/03/19(水) 18:43:38 |
  2. URL |
  3. arriba #-
  4. [ 編集]

また会う。

arribaさん
札幌での日々、お楽しみのようですね。20年以上会ってなかったご友人との再会は、いい時間を過ごされているんだなぁと思いますe-53
私も今年になってから、学生時代の友達との再会が幾つかありました。あの頃話せなかったことを話せるようになってたり、一緒にいるだけで当時のことを共感できたりするのは、何年もねかせて熟成させたお酒を一緒に飲むみたいだと思いました。

「別れというのも一時的なもの」というarribaさんの言葉、そうだよなぁ、と感じてます。「ご縁がある」って強力なのです。
  1. 2008/03/20(木) 17:06:54 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/508-a217e289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。