Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

came ra la la 2/17 お気に入り

日曜日といえば、
恒例となりました いちさんのブログ 「came ra la la
2/17は、Crea* さん からのお題、
お気に入り」 がテーマです。

未来永劫お気に入りの時間 「お茶の時間」。
日本茶、お抹茶、中国茶、コーヒー、などなどお茶大好きなのですが
なかでも やっぱり 「紅茶とスコン」 のティータイムがお気に入りです。
スコン
CONTAX Aria  PlanarT*50㎜

スコン」 は、「スコーン」と伸ばしてしまうと、
それはイギリス英語の発音とは違ってしまう、
と、リンボウ先生 こと、林望氏は『イギリスはおいしい』(文春文庫)でも書かれていました。
スコン」 と すっぱりきっぱりの発音が正しいそうです。
焼きあがりの状態は 狼の口のように かぱっと割れていることも重要です。

ぼそぼそとした「スコン」に、
クロテッドクリーム」 と ジャムを たっぷりのせて、
口の中が ぼそまろ になったところに、熱い紅茶をいただく。
うーむ、しあわせ。
クロテッドクリーム

生クリームや サワークリームでの代用もありますが、
スコンには、やっぱり クロテッドクリーム がよく合います。
このクロテッドクリームは ジャージー牛乳からしか作れないらしく、
日本では 「中沢乳業」 さんから販売されています。
ペニンシュラホテル東京 の ザ・ロビー では、
このクロテッドクリームの おかわり もできました。
紅茶も 茶葉から入れ替えてのポットサービスだったので
充分なティータイムをすごすことができました。

さむい冬は、なぜだか中国茶葉の紅茶を飲みたくなります。
スモーキーな キーマンや
正露丸の味!ラプサンスーチョンもパンチがあっていいですよね。

人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/02/17(日) 21:30:41|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<紙のぬくもり | ホーム | ナラへ>>

コメント

こんにちは

 akiyasu_sukiyasuさん、こんにちは。

 スコン(「スコーン」と言いそうになります)は、クロテッドクリームがつきものなのですね。僕は「スコン」は、1,2回程度しか食べたことがありませんが、ジャムをつけるのが一般的だと思っていました(一つ勉強になりました)。

 ペニンシュラホテルはさすが本格的ですね。

 紅茶は、銀座四丁目交差点の三愛の上の「トワイニング」が美味しかったです。その後、経営母体がかわってフランスの紅茶専門店になりました。名前を失念しましたが、ここも美味しかったです。

 きちんとしたところでいただく紅茶は濃厚ですね。
 ティーバックをカップ内でふりふりして…色だけ出た紅茶と、専門店でいただく紅茶は違う飲み物だ…と、気づきました(気づくのが遅かったですが…)。
  1. 2008/02/18(月) 06:11:40 |
  2. URL |
  3. NOBU #bf2PXrYQ
  4. [ 編集]

akiyasu_sukiyasuさん、こんにちは!
今回のcame ra la laは欠席してしまいましたつるっちです(泣)。

スコンなんですか。勉強になりました。
リンボウ先生の本、読んだはずなのにな。すっかり忘れてますね(^_^;)

ホテルでティータイムなんて、うらやましーぃ。
贅沢な時間をすごせそうです。

あと私はミルクティ好きなので、ラプサンスーチョン大好物(?)です。あの香りはクセになりますよね~。
なかなかインパクトが強いのであのよさをわかってくれる人がいなかったんですけど、なんだかうれしいです。

それからそれからリンクありがとうございました。
こんなステキなブログにリンクしていただけるなんてうれしいやら、申し訳ないやら。。。
私の方もリンクさせていただきました。
これからもよろしくお願いしまーす。
  1. 2008/02/18(月) 10:36:16 |
  2. URL |
  3. つるっち #-
  4. [ 編集]

akiyasu_sukiyasuさん、こんばんは。
先日は遊びにきていただいて嬉しかったです。

美味しそうなスコーンですね。
あぁ、スコンですね^^;
発音もそうだけど、スコンはカパッと割れているのことが重要なんて、いい勉強になりました。
クリームをたっぷり塗って、香り高い紅茶と一緒にいただく…。
すごく幸せな時間ですね。
コーヒー派の私ですが、無性に紅茶が飲みたくなりました。
また、遊びにきますね。
  1. 2008/02/18(月) 21:36:07 |
  2. URL |
  3. 風鈴 #-
  4. [ 編集]

おおっ!またもや、スキンが変りましたねぇ~。
でも、なんだか、いつも見慣れているブログが
ガラッと衣替えしておられるのは結構新鮮だなぁー。

ペニンシュラホテル東京ってなんかいいらしーですね。
関東に行く機会があれば、お茶でもいいから、
ぜひ、行ってみたいです。

私、なんかね、このお皿が何段にもなってて、
スウィーツが乗っかっているってヤツ、
1度、食べてみたいデス☆
食べたことないんですよ。
でも、コレは探せば、どっかのホテルでやってるかな?

スコーン、美味しーねー。
パン屋さんに行くと、探してしまいます。
そのままでも十分美味しいですが、
クロテッドクリーム?!
どんなだろ?
クリームを付けてスコーンを食べるという発想がなかった!
  1. 2008/02/18(月) 22:11:18 |
  2. URL |
  3. Roco #8iCOsRG2
  4. [ 編集]

はじめまして。履歴から来ました。
私の所に来て下さってありがとうございますm(_ _)m

ティータイム、いいですね!私も欠かせない時間です♪
昔よくアフタヌーンティーなんかに行ったりして、
紅茶+スコンを食べつつ、本を読んだりしていました^^
最近はアメリカの「安ければそれで良し!」に洗脳されつつある
自分が少し悲しいです・・・(^^;

またお邪魔させて下さい^^
  1. 2008/02/19(火) 20:38:17 |
  2. URL |
  3. NKC@ベリー #vJ5On1Uc
  4. [ 編集]

スコン!
私はスコーンでした^^;
紅茶にスコン。素敵なティタイムだー
スコンにクリーム類を付けて本格的な食べ方、したことないんです、、、
でも、ほんと。優雅なティタイムですね^^
真似したーい!
  1. 2008/02/19(火) 20:58:36 |
  2. URL |
  3. いち #-
  4. [ 編集]

NOBUさん
こんばんわNOBUさん。クロテッドクリームは、味がないようなあるような、淡白のような濃厚のような。
スコンのぼそぼそにはぴったりですよ。ジャムもたっぷりつけるとそのブレンドがとても美味です。是非一度!
ずいぶんと前ですが、銀座の「トワイニング」には満席で入れずじまいになってしまいました。NOBUさん行かれたのですね、いいなぁ。フランスの紅茶専門店、ってもしかしてマリアージュ・フレールかなぁ。ちがうかな?マリアージュ・フレールは、マルコポーロという茶葉がエキゾチックな香りでお気に入りです。

英国ではポットで淹れるより寧ろティーバックが主流だとききました。時間やその場にあわせてティーバッグで淹れるもヨシ、ポットで淹れるもヨシなんでしょうね。確かにカップ内でふりふりとポットで茶葉をゆっくりジャンピングさせて淹れた味とは全然違います~。もとはというと、オランダ人が日本の「茶の湯」に驚き、茶を日本から西洋へ持ち出したのが紅茶文化の原点だ、ということを考えると、ポットでじっくりという時間の経過こそ、茶の湯を感じさせるような気もします。
  1. 2008/02/19(火) 21:52:09 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

つるっちさん
つるっちさん、こちらこそリンクしていただきどうもありがとうございました。いやぁ、つるっちさんとは、ぜひ一度紅茶談義(&お酒も)に夜を明かしたいくらいですよ~
紅茶について探究してゆくと、大英帝国の栄華と衰退、大航海、植民地支配、世界貿易、アヘン事件、ボストン事件など、どれだけ「茶」が歴史・経済の多くを築いてきたかを思い知らされます。スプーン1杯の茶葉にその多くが潜んでいることを思うと、やっぱりポットでじっくり淹れたくなります。

おお、つるっちさんもラプサンスーチョンお好みでしたか、うれしいな。ミルクティもいいですね。ラプサンスーチョンは私の周りでもあまり好まれないんですよぉ、正露丸の香りのせいでしょうかね~。お肉料理のあととか口がすっきりしますよね。
ああ、話しがつきない(笑)今後も紅茶話、よろしくお願いいたします。
  1. 2008/02/19(火) 22:04:05 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

風鈴さん
風鈴さん、うーむお名前すてきですね。私もこういうかわいい感じが必要だと感じつつもなかなか(笑)コメントありがとうございます♪
いちさんの「came la la la」ご参加の皆さんの写真は、私にとってとても刺激になっています。
どっちかというと大雑把な、男テイストな写真が集まってしまいがちなのは自分らしさと思いつつもコンプレックスでもありまして。皆さんのかわいさ、和みの雰囲気がとても勉強になっています。

風鈴さんの一点モノのピアス、すてきなデザインですよね。未だ耳に穴をあけきれない私にとってはうらやましいかぎりです~

紅茶紅茶と言ってまいりましたが、風鈴さん同様コーヒーももちろん好きです。ドリップでゆっくり淹れる時間もゆたかなひとときだなと思います。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします~♪
  1. 2008/02/19(火) 22:14:12 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

Rocoさん
おほほほ、またまたスキン変えちゃったんですぅ、ここ数日あれこれ試し続けまして。。。背景は黒やグレーのモノトーンの方が好みでありつつ、でもそれじゃ変り映えしないよなぁ、等うだうだ。結局辿り着いたのがこのスキンでした。ボタンなどちょいと私っぽくないんですけど、グリーンの布地とエルメスを髣髴するリボンの具合が気に入りました。デザイン豊富なスキンには毎度ながら驚かされます。
Rocoさんのブログのスキンを見つけて、「おお、これはRocoさんのだ!」と思わず口にしてしまいました。あのデザインも色もいいですよね。

ペニンシュラホテル東京は、頑張っているのがとても感じられました。ホテル内には数多くのアートがありまして、アートめぐりだけでも価値があるような気もしました。サービスに力を入れている様子がよく伝わってきました。Rocoさんも是非お茶を~!

ケーキスタンドでのアフタヌーンティはレピシェなど紅茶専門店でも楽しめます~確かレピシェさんは全国展開していたはず??私もパン屋さんでは「スコン」ついつい手が伸びます。それぞれのレシピ、味がちがっておもしろいですよね。そのままぼろぼろこぼしながら食べることもあります~クロテッドクリームは、サワークリームに生クリームとバターを混ぜたような?感じです♪
  1. 2008/02/19(火) 22:32:09 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

NKC@ベリー さん
コメントありがとうございます。ようこそいらっしゃいませです~はじめまして♪
ランキングからおじゃまさせていただきました。
動物写真の「オカピ」が気になりました!名前もあのつぶらな瞳も!これからも動物や雑貨、そして空の写真などたのしみにしています。

ひと昔前、アフタヌーンティがちょっと流行ったことがありましたよね。食卓を彩るテーブルセッティングなどと共に私もひとときずいぶんと燃えました(笑)日本はなんでも「キレイにしずぎる」「形式にこだわりすぎる」傾向があるようにも感じます。英国のアフタヌーンティのざっくばらんとした感じは、日本のかしこまったティーパーティとはちょっと違うかなぁと感じることもあります。

ああ、そうですねぇ~油断すると私もついついクイックな「安ければそれで良し!」にも流されちゃいます。それはそれでいい場合もあるので、バランスよくいきたいなと思います♪
これからもよろしくお願いいたします~
  1. 2008/02/19(火) 22:44:49 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

いちさん
このたびも「came ra la la」参加させていただき、ありがとうございました。
私もリンボウ先生に著書に出会うまではもっぱら「スコーン」でした(笑)林望氏のイギリス話はとてもおもしろく為になります。ダンディズムを感じさせられる文章に惚れ惚れしちゃいますよ。これぞ英国!という感じがします。

スコンは、日本で言うと「甘食」みたいなものだから、あんまり気取ることないよ、という文章もどこかで読んだ覚えがあります。サンドイッチもキュウリだけはさんだ、パパっと作れるものだ、とどこかのホテルの方が書いてました。

ティーダンスなるものを踊るホテルが英国にありまして(ティーパーティ中にホールでワルツを踊るようです、むむ)そういうところのアフタヌーンティとなると格式を重んじるようになるのかな?
フォーシーズンズホテルでは、緑茶にミルクを入れて飲みました!!いにしえの英国人は緑茶にミルクだったそうです~ぎょえ~
  1. 2008/02/19(火) 22:59:50 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/481-06d6ebf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。