Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

美術館めぐり

美術館めぐり は 旅のたのしみのひとつです。
行く先々、その土地の美術館に足を運びます。
各美術館の所蔵の作品、特別展示など見ていると、
其処の味、その土地の歴史や傾向みたいなものが
だんだん感じられてきます。

昨年夏訪れた 東京国立近代美術館
museum
CONTAX Aria  PlanarT*50㎜  Velvia100

「アンリ・カルティエ=ブレッソン」 と 「アンリ・ミショー展」の
ふたりの「アンリ」を午前中いっぱい時間をかけて鑑賞しました。
2階の 廊下の動画アートや、すみっこの映像美術館案内もよかったな。
なんせ、あの広いスペースをひとり占めできたというのだから
こんなに贅沢なことはありません。

アンリ・カルティエ=ブレッソンの写真はもちろんですが
各作品の横にある言葉や、彼のスケッチも強く心に残っています。
マン=レイが撮ったブレッソンの姿写真は、女性っぽい色気がありました。  



このときは、「日帰り」アートめぐりオンリー旅行で、
このほかにも幾つかまわりました。次から次にえっほっほ。

六本木の森美術館では
「ル・コルビュジエ展」 もやってましたねぇ。
le

模型、アトリエの復元、映像による建築の説明、絵画などなど
1日かけても時間が足りないくらいの内容でした。

コルビュジエの終の棲家はとてもとても小さな小屋でした。
ただ、小さいながらも、窓からの光のとり方の様子をみて
彼が「光」に対しどれだけ大きな思いを抱いていたのか、
というのを目を細めて想像してしまいました。


昨年の夏の思い出を、いまさらちょっとアップしてみました。

今回は、吉祥寺で 「土門拳写真展 日本のこころ」 と
恵比寿で 「土田ヒロミのニッポン」 を観る予定です。

人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/01/23(水) 00:25:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1
<<ダンドリ | ホーム | 姫も打つ>>

コメント

Re: 美術館めぐり

ゆきさん
こんばんわ。コメントありがとうございます。
寒い日が続いてますがいかがおすごしですか?東京は寒かったですよ~ゆき(←!)が降って、風が強くて、交通も混雑してました。
さて、美術館。ゆきさんもお好きなのですね、あの雰囲気。ゆきさんから「ピカソ」「ムパタ」の名前があがったのには大きくうなづいてしまいましたよ。彼らの世界とゆきさんの消しゴムはんこの世界って繋がっている気がします。

プライスコレクションの若冲の作品にはたまげました。
あの豪華なニワトリさん、デジタル名動物屏風、猫みたいなトラなどなど、目に焼きついてます。今見てもとても新しいですよね。

東京では写真展のみでした。ルーブル展の素敵なポスターを横目に帰ってきました。。。九州にももっといろいろ巡回してくれるといいのになぁとつくづく思います~
  1. 2008/01/25(金) 22:47:52 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/449-381eba20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。