Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Postscript

京都で地下鉄を利用しているときのこと。
階段を下りながら、ふと目に付いた鉄の扉の「P.S.」
P.S.ドア? 追伸ドアって、何だろう?
ついしん。
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜

この扉を開いたら、言いたくて溜め込んでいた「追伸」が
どどどっと押し寄せてきたりして、など想像力を遊ばせました。
これ、いったい何の扉なんだろう?

手紙の本文を書き終えてしまった後もなお、
胸や喉の奥に残る思いや言葉を
付け加え申し述べる、追伸の「P.S.」

また、単なる付け加え、書き加え、諸連絡の「P.S.」というのも
当然のことながら存在します。

ビートルズの「P.S. I LOVE YOU」を聴いていたのは中学生の頃。
ちょっと言っておきたいんですけど、
ちゃんと伝わって欲しいのですけれど、
自分の「言いたい」と、相手に「わかってもらいたい」
両方をたった数行の追伸「P.S.」で満たそうというのだから
その数行に使われる言葉というのは、たいしたものだなぁ、
単語一語で大きな意味になるんだなぁ、と思ったものでした。

「P.S. I LOVE YOU」を、久しぶりに口ずさんでみました。
1曲分、「追伸」「P.S.」を何度も言い続けて、
うーん、もうこれは追伸どころではなく
本文なのではないかという気もしてきましたし、
「P.S.」を使いたいが為の唄ではないか、という気さえしました。
なーんて言ったら、色気もロマンもなくなちゃいますねぇ。
いけない、いけない。

そうではなくて、
「P.S.」という追伸の数行にまでも、自分の想いを託したい、
「P.S.」こそが、さりげないふりした強調、主張!にもなるのかな。

「P.S.」、「追伸」の根底にあるのは、
往々にして、forget me not ってことかもしれません。

人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/01/15(火) 22:44:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<木箱 | ホーム | Thinking of You>>

コメント

Re: Postscript

こんばんわ

P.S.とはじつはパイプスペースの略なんですよ。
設備的な配管をメンテナンスするための部屋なんです。

実用的でつまらないパイプスペースも
akiyasuさんの手にかかると素敵な詩になってしまいますね!

追伸こそまさに主張とはおみごと!
その通りかもしれませんね。
  1. 2008/01/16(水) 00:29:28 |
  2. URL |
  3. なな #-
  4. [ 編集]

Re: Postscript

ななさん
ほおぉ、パイプスペースのことなのですか、建築にお詳しいななさん、さすがです、勉強になります~ありがとうございます。
「配管のメンテナンスするための部屋」って、なんとなく村上春樹っぽくないですか?ちょっとちがうけど「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を思い出しました。

今では配管むき出しのお店、飲食店をよく見ますが、うちの納屋(倉庫部屋)も配管むき出しなんですよ。建てたときのままなのですが、昔はどうしてこの配管を天井の中に隠さなかったのかねぇ、と家族も言っていたみたいです。
「配管」って、いわば建物の血管のような気もします。

追伸のP.S.もパイプスペースのP.S.もどちらも大切ですね。
  1. 2008/01/16(水) 22:21:50 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/436-d0a15ad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。