Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポール・ランド

伝えたいことが 伝わっていないことが多い、
ということに たびたび遭遇します。
kotoba


言ったはずなのに、伝わっていない、という事象に対して
こちらの「伝え方」が悪いんだろうな、と思うようになって
ますます 「ことば」の難しさを感じています。
なんだ

声に出した言葉が、ソク目に見える物質となって存在すれば、
「百聞は一見に如かず」、百回聞くより一度見るほうがよく理解できる、
すぐに相手に伝わるのにな、と思います。
「千聞一見に如かず」ともいうし、「Seeing is Believing」って諺もあるくらい。
へたな絵を書いて説明したり、具体的な言葉や数字に置き換えたり、
と 模索していますが。

ですが、逆に「一見」もいつも頼れる王者でもない場合もあります。
写真 もその例です。
一見で、それが一体何なのかわからない作品 というものもあります。
これは、おおよその芸術と呼ばれるものに孕んでいる要素だと思います。
「?これいったいなによ?」
が、注釈や作意が添えられることによって「わかる」ような気になります。
一概に、見ればわかる、では ない場合もあるわけです。

あるひとつの「ことば」でも、その解釈は千差万別で
意味の受け取り方も、ニュアンスも、重要度も
発信者 と 受信者 のその感覚が完全一致することは
そうそうないものだ と 真剣に思います。しんけんに。
知っている のと わかっている のも違うし、
ココまで言えば その後も伝わるだろう、なんてのも危険。
言わなきゃ、言われないと、 人はわからない。

私なんて、言われないと楽なほうにどんどん流れちゃいますもんね。
そう思うと何であれ「言われる」って、本当にありがたいことです。
先達、爺や、婆や、家族、御局、恋人、親友、悪友、同僚、後輩、チビ、
みんなみんなありがとうおぉぉいぇー(by陽水&民生ちゃん)

ありがとう 井上陽水・奥田民生 歌詞情報 - goo 音楽


うたをうたうのも

「モノ」があって 「ことば」があるのか
「ことば」があって 「モノ」があるのか、
これは「卵が先かニワトリが先か」と同じキリのないメビウスの輪。
言霊(ことだま)は、物理的に証明できない何らかの力が宿るというもので
声に出した言葉が、現実の事象に対し何らかの影響を与える、
と信じられもの。
良い言葉を発すると 良いことが起こり、
不吉な言葉を発すると 凶事が起こる とされます。
それだけ「ことば」がヒトにどれだけの影響を及ぼすものなのか、
ことばパワーが強力だ、多大だいうことを感じさせられます。
そうなるとですよ、
ことば の暗示にかかってしまった方が お得なのかな、とも思います。


前置きが ながーくなりました。大好きな絵本です。
「ことば」アン・ランド&ポール・ランド作 長田弘訳(ほるぷ出版)
警固の北欧モノを置いているお店で、表紙に一目ぼれしました。
この絵本が発表されたのは1957年のアメリカ。実に50年前になります。
ニューヨークタイムス誌の
「ベスト・イラストレーション・ブックス・オブ・ザ・イヤー」
にも選ばれたことがある絵本なのだとか。
米国グラフィック界のリーダー的アーティスト、ポール・ランドの絵と、
ポールの奥さんのアン・ランドの ことば のハーモニー。
言 の葉

シンプルであることは、美しく、わかりやすく、意味深い。
「ことば」というものを考察するとき、その原点に帰ることができます。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/05/04(金) 21:10:26|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
<<上洛 | ホーム | boy meets girl>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/40-84e6ed7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

図書館の絵本たち

この子も早くも1歳と4ヶ月になりました 密かに願っていたおとなしくて、家で本を読んだり 絵を描いたり、工作したりするのが好きな子ならいいな という思いは無惨にも破られ とっても元気で外を歩き回るのが大好きな子になっています 最近はこの子とよく図書...
  1. 2008/03/17(月) 15:47:54 |
  2. s\'style

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。