Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ななめ

1本のフィルムの中に必ずある 「ななめライン」の写真。
エスカレーター
CONTAX Aria  PlanarT*50㎜

きっと 斜に構えてんでしょうね、根性が。。。

鎖
CONTAX Aria  PlanarT*50㎜

エスカレーター清掃の様子は、
エスカレーターベルトとダンスしてるみたいで、華麗でした。

人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/08/31(金) 21:41:33|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<n n | ホーム | マッカイー>>

コメント

線について

こんにちは。
線といえば、ジャン・ジュネがコクトーの線は美学的なものではなく道徳的なものであると言ってました。
コクトーには「線について」というエッセイがあります(「存在困難」に入ってます)。
パウル・クレーの「造形理論」「造形理論ノート」という著作は造形芸術の技法を扱ったものですが、画家がキャンバスに線を引くことのモラルを感じさせます。
(参考までに http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1035.html)

akiさんの写真の斜めの線には、視界をふと横切っては消えていくものに対する感受性というのを感じました。それもまた線のモラル。

ごぶさたして、夏の間のあれこれを
お話ししそびれてごめんなさい。
また別の場所で。
では。
  1. 2007/09/01(土) 15:08:11 |
  2. URL |
  3. syunya #-
  4. [ 編集]

syunyaさん
こんばんわ、お久しぶりですね。またまた興味のアンテナに響くコメントをありがとうございます。
コクトーの線が「道徳的」?とはちょっと意外です。「道徳的」という言葉とコクトーとが繋がらないような感じもしたのですが、その「線について」を読んでみなくては。↑の松岡正剛さんのところのクレーの記事、面白いですね。出てくる人物も濃い濃い。「線とモラル」、これは興味深いテーマです。

ご紹介いただいた、イーヴリン・ウォーの「ブライヅヘッドふたたび」はスイスイとは読めてません~!
  1. 2007/09/01(土) 23:56:42 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

一枚は間違いなく・・ある!

ふふ。僕も根性ななめってますwww
仕方ないですよね~
  1. 2007/09/02(日) 14:38:20 |
  2. URL |
  3. ウナム #-
  4. [ 編集]

Re: ななめ

ウナムさん
ウナムさんのところでも「ななめ」写真をよくお見かけしますね。ウナムさんのななめってるのは、ぐいーんと力づよさを感じます。
これからも斜に構えていきましょうね~(?)
  1. 2007/09/02(日) 21:05:05 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/256-9372379d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。