Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わからない

わからない
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜ + MC CLOSE-UPNo.1+
No.3

井上陽水の 「ワカンナイ
ワカンナイ 井上陽水 歌詞情報 - goo 音楽


この歌は、一体いかようにして誕生したのか?
それは、この本、
バーボン・ストリート」 沢木耕太郎 (新潮文庫)
バーボン・ストリート
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜


の58ページからの 「わからない」 で わかる。

井上陽水からの沢木への1本の電話、
宮沢賢治の「雨ニモマケズ」、
筑紫哲也のニュースステーション、
「傘がない」、
の次が
「ワカンナイ」

井上陽水の奇才、沢木の文才。それらの相乗は
何度読んでも、うなるものがある。


このエッセイの結びの一文もいい。
「…番組は、陽水が最後にもう一曲だけ 『勝者としてのペガサス』
をうたい、
《あんまり 話題もないが / 最後に これだけ言おう /
気をつけて どんな天気でも》
という歌詞に奇妙なリアリティーを感じさせて、終った。」

この陽水の 「気をつけて どんな天気でも」 は、
奥田民生の
「世の中は色々あるから
 どうか元気で
 お気をつけて」
をも、思い出させた。


この15編からなるエッセイ集は、講談社エッセイ賞を受賞。
巻末の山口瞳の 「スカッとさわやかサワコーラ」 も
沢木像をよく語っていると思う。

人気blogランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/08/02(木) 21:50:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<ハリキュウ | ホーム | スパイシー>>

コメント

沢木さんの「バーボン・ストリート」は私も好きな本です。
身近なこと(エッセイ)が数ページの中で立派な小説に生まれ変わるのかと思いました。
「分らない」も読んでみて、あ~!そういうことなのか!と分かって思わず唸りましたね。
もちろん、どれも唸ってしまいますが。


  1. 2007/08/03(金) 07:39:09 |
  2. URL |
  3. weavee #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

weavee さん
沢木の作品といえば「深夜特急」が広く読まれていますよね。私もあの作品にはやはり影響されたクチです。長い長い旅の終わりを決めたときに飲んでいたのが「紅茶」、というのも、琴線に響きました。
でも「バーボン・ストリート」の方が繰り返し読んでます。

「小説に生まれ変わるかと」というのは、weaveeさん言い当ててますね~。

日記ふうのエッセイ「246」はもうお読みになりましたか?
  1. 2007/08/03(金) 22:29:37 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/215-ca8ad1bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。