Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

郵便局

郵便局 といふものは、港や停車場やと同じく
人生の遠い旅情を思はすところの
悲しい のすたるぢや の存在である

と、萩原朔太郎が詠っているように
郵便局に行くと、空港や駅と同じにおいを感じる。
博多〒


手紙を投函すると、そのゆくえを想像する。
からだは旅できなくても ことば(想い)が旅を始める。
ちょっとした有体分離 のようでもある。

近頃は 手紙を書くことが激減したように思える。
PCでメール、というのが当たり前になってから
一体どのくらい ふみ に言葉をしたためただろう。

学生時代にやりとりした 箱いっぱいの手紙を読み返すと
日ごろ忘れていたことが 昨日の事のように思い出される。
写真 と 手紙 は似ているところがあると思う。


英国のキューガーデン近くにあった 郵便局。
ポストオフィス

おみやげやさんと併設してある様子だった。
こういう郵便局は、ノスタルジア という感はやや少なめ。
日本の場合で言うと、切手を置いてある「たばこやさん」のよう。

バースで 「ポストマンパット」 の人形を見かけた。
パット

「ポンキッキーズ」でその人形アニメが放送されていたので
出会えたときは、ちょっとうれしかった。芸能人に出会った気持ち。
パットは、たのしい気分までも届けてくれる素敵なMr.ポストマン。
テーマソングも ごきげん ごきげん。
ポストマンパットのうた 竹中直人 歌詞情報 - goo 音楽
 

ポストマン、郵便屋さん、ひいては飛脚。
過去の歴史においても 重要な役割を果たしてきた職業だと思う。

郵政民営化 がすすんでも
郵便局の あの空港のにおいも、郵便屋さんも
変わらないでいて欲しい。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/04/20(金) 23:39:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<野菜を食べる | ホーム | バース>>

コメント

郵便局というのは国にしろ、地域にしろ、その土地の香りを身近に嗅ぐことのできるスポットですよね。近所の郵便局は昔からの顔なじみの商店のようになっています。この写真の郵便局も、まさにそんな感じですね。
海外に行った時はよく郵便局にも行ってましたが、そこから出す葉書がちゃんと届くかいつもドキドキです。
  1. 2007/04/21(土) 07:55:46 |
  2. URL |
  3. weavee #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

切手

weaveeさん、ようこそです。近くの郵便局がなじみの商店のよう、というのはweaveeさんらしいですね。12月の郵便局(特に大きな)のあわただしさも冬ならではの景色だと思います。郵便局はweaveeさんの仰せの「土地の香り」やそして「時節」までも感じることの出来る処だと思います。記念切手はその時代の縮図でもありますしね。

海外から出す葉書も、これまたドキドキ度が違いますね。海外で切手を買うとき、オードーリー・ヘプバーンの映画「シャレード」の切手市の場面を思い出します。あの結末は興奮しました。パリの切手市っておもしろそうです。
  1. 2007/04/22(日) 11:21:12 |
  2. URL |
  3. akiyasu_sukiyasu #TJwWj8Lg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akiyasusukiyasu.blog100.fc2.com/tb.php/10-bb913858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。