Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いぶき

平安神宮

冬の青空は気持ちがよいです。
澄み切った空気の中にしゅわしゅわとムース上の白い泡。
京都・平安神宮の黄金の角が青色に映えてました。

いぶき

いぶき。
い「び」き ではありません。
「息」の雅語的表現、いぶき。
それは、春が訪れた知らせ。春がもうすぐ来るというきざし。

こういう青を見ると、東松照明氏の写真、ブルーシートの青を思い出します。


木の影

ほのぼの。
雪の中なのに、あったかい。

シェー

バス待ちの間、日差しがぽかぽか。影を撮りました。
縦位置のいつものカメラの構え方は、右手が下 なのですが、
今回の旅では、気分を変えて、右手が上 の「シェー」の構え方で撮ってました。
髪型もちょうどイヤミとかぶっているざんすー。



スポンサーサイト
  1. 2011/02/26(土) 00:06:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

渡月橋

無意識ですが、「橋」の写真が多かったりします。

おなじみ 角島大橋。夢の島への架け橋。

角島大橋


次なるは、昨夏初めての「鉄子」体験。SL追っかけ撮影隊では、鉄橋ぱちぱち。
てっきょうだ、てっきょうだっ、たのし~な
きしゃきしゃしゅぽしゅぽ の唄の意味を体感しました。(↓SL出待ち状態)

鉄橋

し、しかし、
これらの橋より勝らん想い、ありをりはべりいまそがり(?)
今まさに、我が心の中で燃ゆる想いは、京都嵐山へ注がれん!
その名も 「渡月橋」!

渡る月の橋、なんて美しい名前なのだろう。
亀山上皇(ウナムーチョツアー 福岡・東公園のてっぺんにおはします像、あの方!)が
橋の上空を移動していく月を眺めて「くまなき月の渡るに似る」
そんな感想を述べたことから「渡月橋」と名付けられたそうです。


渡月橋

雪がいろんなものを覆ったせいなのか、
一昔前の時代にタイムトラベルしたような気持ちになりました。
永谷園のお茶漬けの付録(←浮世絵です)カードを、どこかから取り出してきたような。

そば屋

このおそば屋さん、次回は訪れたいと思います。




  1. 2011/02/21(月) 23:29:06|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

美女と竹林

美女と竹林
森見登美彦氏のはてしなく拡がる妄想が綴られた
『美女と竹林』を読んでます。

「これからは竹林の時代であるな!」閃いた登美彦氏は、京都の西、桂へと向かった。
目指すは竹林成金!MBC(モリミ・バンブー・カンパニー)のカリスマ経営者…

「二十一世紀は竹林の時代じゃき」
「諸君、竹林の夜明けぜよ」

今回嵐山へ訪れたのは、竹林に足を踏み入れたいと願ったのも、その理由のひとつ。

そうなのかのぅ

嵐山 天龍寺 にて。

青竹ならぬ、青カエル。
頭の雪は、何らかの修行か。頭を冷やして思案中か。

「KAGUYAというプロジェクト」
「MBCは宇宙エレベーターの実用化に着手することを決めました」
「我々は竹によって月を緑の星に変える」
「私は『竹取物語』の発想に魅せられてきました。
竹が地上と月を結ぶという発想は、我々の事業を先取りするものであったのです」

美女

美しき女性がひとり、庭園の前で佇んでました。

竹林

百花苑 の奥には雪化粧の竹林。

青竹1本

雪の上に影。
擬似青竹がここに出現。

「風が吹くたび、登美彦氏は自然に生きる竹の強さと孤独を、味わい続けた」

  1. 2011/02/19(土) 01:50:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

続・鏡餅

清涼寺

嵐山の 清涼寺(嵯峨釈迦堂) に赴くと
静まり返った雪景色の中、お経を唱える声が響いていました。
雪を踏むきしきしとした足音、さらさらと舞い降りる雪の音も
耳に心地よいものでした。

雪の中の鏡餅

ひとつひとつお堂にお供えされた、雪の中の鏡餅。

おそなえ

室内の鏡餅とは、また違った美しさでしたよ。

渡り廊下の向こうに鏡餅

清涼寺の本堂の裏の扉を開いたとたん、思わず「うわぁ」と声を上げてしまいました。
目に映ったのは、渡り廊下の向こうに飾られた小さな鏡餅の姿。
その存在に、なにか愛しさまでも感じてしまいましたよ。


  1. 2011/02/16(水) 23:58:51|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大晦日。しんしんと雪降る夜。
宿の玄関の鏡餅を撮りに、階段を降りました。


ファインダー越しに鏡餅を見つめていると、なんだか不思議な浮遊感。
ほんもの と ガラス窓に映ったにせもの 
迫ってくるのは、ほんもの の方ではないような気がして。
なぜ?

窓の鏡餅

ガラス窓に映った鏡餅の方が、どうも魅力的でして。
闇に浮かんでいるから?

実物を見ることと、鏡やガラスに映ったものを見ること。
実際どっちを頼りにしているか、と改めて考えてみると、自分の顔や姿なんて、鏡やガラスに「映った」もの、写真や映像に「写った」ものしか知らないものでして。「ほんもの」の自分の全身を見たことって、そういえば、ない、ない!他人のことだとよくわかるのに、自分のことだとよくわからない、ってのは、このせいなの?なんて、真剣にハッとしたりして。
当たり前のこと過ぎて、ばかばかしいのですが、自動車生活においても鏡は欠かせない。でも、見ているのは「映った」もの、ほんものではな~い。ほんもの を見る前のプレビューを、この生活の中でいかに頼りにしていることか。


鏡餅って言葉からして、なんだか。
そもそも、どうして鏡やガラスには「映る」っていう現象が起こるのか、光線の反射だとかなんだとか、詳しいことはわからナーイ。そしてだいたい、鏡餅は何ゆえその名を「かがみ」というのだ。鏡が丸いから?丸いんだったら、太陽だって、満月だって、洗面器だって、なんでもあるではないか。古来の尊いものが鏡だったから?神へのお供えってことで?

そんなクエスチョンは、夜の帳とともに深まるばかりでした。
  1. 2011/02/16(水) 00:35:17|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ふりだし

宝泉院

振出(ふりだし)
茶事において、こんぺい糖などの小粒のお菓子を入れる小壷のこと。通常菓子器に添えて出されることもあり、趣向として野外の雰囲気を表すのに適し、花見の趣向による取り合わせに一役買う。

振出(ふりだし)
すごろく、就職歴などの出発点。

振出(ふりだし)
為替、手形、小切手を発行すること。

振出(ふりだし)
浸剤(しんざい)の和語的表現。細かく切った薬物に熱湯をかけて(熱い湯に浸し)薬用成分を浸出した薬剤のこと。

静寂


お正月、雪の京都。
大原の 宝泉院 でお茶をいただきました。


いただきます。


お久しぶりでございます。

転々としておりましたが、此処へ戻ってまいりました。
あれやこれやと、ばたばた、じたばた、ぼやぼや、ぐずぐず。
結局、出発点、ふりだしに戻ってまいりました。
細々ですが、更新していきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。



  1. 2011/02/13(日) 22:43:24|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。