Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今度こそ

今度こそ
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜

「今度こそ
我慢できる
自分になる」

今度こそ、明日こそ。

朝は決意、夜にはくじける。
朝令暮改やねぇ。。。

人気blogランキングへ
  1. 2008/01/10(木) 01:23:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

北野天満宮

北野天満宮
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜

学問の神様、というと福岡県の「太宰府天満宮」が
博多人の私には馴染み深いのですが、
京都にも学問の神様がおはしました。
老松

その名も 「北野天満宮
学問成就の名所で、毎年1月25日の初天神には
約15万人もの参拝者が訪れ、受験生らが祈願のお参りをするそうです。
お参り

参道や境内のあちこちに点在する大小の 「撫で牛」
うししっ

頭を撫でると、学力アップ、頭が賢くなるということで人気です。
どの牛さんもみなかわいいお顔していましたよ。
みんなに頭なでなでされて、どんどん可愛さが増しているのかな。

金色の灯篭も美しく。
UFO

権現造りの本殿を見上げると、カラフルな幻獣の彫刻。
インドっぽい

カーリーヘアが素敵な狛犬(こまいぬ)は、誰か似ている人がいるようで。
カーリー

毎月25日開催の縁日「天神さん」では
1000店にも及ぶ露天が立ち並ぶそうですよ。
わたがし


人気blogランキングへ
  1. 2008/01/10(木) 00:29:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

奥行き 

京都の街や建物を見ていると
先斗町(ぽんとちょう)の細い路地にみるような
「奥行き」 というものを強く感じます。
清水寺
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜

旧いお寺の中にも、現代の建物の中にもある 「奥行き」
))))

等間隔に連続する造形。
自分の中に、「等間隔に連続しているもの」がはたしてあるだろうか、
「奥行き」というものを持っているだろうか、
と、考えたりもしました。 
長い廊下

永遠や、継続、希望などを想うのでした。

人気blogランキングへ
  1. 2008/01/09(水) 00:33:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

カブをたべる

京都はお漬物もおいしいですよね。
漬物屋さんのお店の前に出ていたカブ。
kabu
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜

西本願寺の本堂前にもカブ。(たまねぎ?)
遠近


階段にうつる カブの影。
く


人気blogランキングへ
  1. 2008/01/09(水) 00:20:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

記念写真

記念写真
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜

「きゃ~かわいい~!いっしょに写真とらせてください~」
「オーケー、アイアム ガイジンワンチャ~ン」

きれいな着物姿の女の子二人と
101匹わんちゃん着ぐるみ姿の男性の
記念写真現場なのでした。

こういう場面も 京都っぽい?のかな。

                       知恩院の門前にて

人気blogランキングへ
  1. 2008/01/08(火) 23:20:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

額縁

窓や障子を 「額縁」にみたてて、
美しい景色を 1枚の絵 のように愉しむ。
京都のお寺や庭園で感じたこの感覚は
ホテルの部屋でもまた同様でした。
鏡が額
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜

鏡という額縁の中に
真逆の景色、世界が
1枚の絵として うつっていました。

人気blogランキングへ
  1. 2008/01/08(火) 00:43:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

鍵善良房

ぎをん 「鍵善良房」 さんの店構えに、ふと足が留まりました。
鍵善
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜

江戸中期創業以来、京の四季を菓子で彩り続けている老舗です。
特に くずきり の評判は高く、作家 水上勉さんもこう綴っています。
「京の『鍵善』にきて、くずきりを食べていると故郷の土の香りがする。
…(略)くずきりは京の味の王者だと思う。」

とてもきれいな、お正月のお菓子(お皿までお菓子でできている)と
初釜のお菓子として使う「花びら餅」を買いました。
ね

花びら餅

鍵善さんの「花びら餅」は、とてもボリュームがありました。
白餅に甘く煮た牛蒡(ごほう)とみそあん。
こちらの牛蒡(ごぼう)は煮てあるだけでなくて、
さらにまわりに砂糖がまぶしてあり
それだけで菓子として完成されているような風格でした。
とっても美味しい「花びら餅」でしたよ。

店内もまた厳かな雰囲気がありました。
家具や調度品、菓子箱など趣深く、奥の喫茶店も気になりました。
次回はここで くずきり をいただこうと思います。

人気blogランキングへ
  1. 2008/01/07(月) 23:50:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

came ra la la 1/6 車

いちさんの素敵な企画 「came ra la la」 今日のお題は  「」 です。

車の免許はもっているものの、今はまったく運転をしていません。
運転席より、そのおとなりに座るのが好きみたいです。

家中を探し回って見つけた車。
なぜかずっととってある、シャープペンシルの頭部分についてたチョロQ。
チョロQ
Nikon D50 AF NIKKOR 70-300㎜ 

授業中に机の上で走らせていて、先生によく怒られました。
たくさん走るためには、ちょっと下がってみること、助走をつけることが大切だと、
チョロQに教えてもらったような気がします。

ひきだしの中をゴソゴソ。
集めていたピンバッチの中に フォルクスワーゲンを発見。
TYPE1
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜
+ RAYNOX MACROSCOPE M-150


ビートルのバサバサという空冷のエンジン音を耳にすると
ついつい振り返って 車 を確かめてしまいます。
オイルの匂い、ホイールやテールランプ、曲線の美しさなど
魅力溢れる車なのですが、と同時にこの車の背景に
あのナチスドイツのヒトラーがいることも思い出します。

また、「車」というと、くるりの「ハイウェイ」を思い浮かべます。
ドライブに出るときや、旅に出るときに
頭の中で流れるオープニングテーマ曲です。
ハイウェイ


  僕が旅に出る理由はだいたい百個くらいあって
  ひとつめはここじゃどうも息が詰まりそうになった
  ふたつめは今宵の月が僕を誘っていること
  みっつめは車の免許取ってもいいかなあなんて思っていること

「ふたつめは 今宵の月が 僕を誘っていること」
というフレーズがなんだかとても気に入っていて
朝っぱらから旅に出るときでさえ
西の空へもう消えてゆきそうな月のうっすらとした姿に
その 「誘い」 を感じてしまいます。

  勇気なんていらないぜ
  僕には旅に出る理由なんて何ひとつない

人気blogランキングへ  
  1. 2008/01/06(日) 23:34:02|
  2. 写真
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

祇園

神社仏閣めぐりは十数か所にわたりました。
歩け歩け歩け、と何かに駆り立てられるようにして
どんどん歩きましたねぇ。

祇園では、和のデザインや京都ならではの様子に
あれこれ目移りして目が回りそうでした。
手ぬぐい
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜

おなじみの「よーじや」さんの看板、石造りのものを発見。
よ-じや

よ-じやさんの店舗は、京都のあちこちで見かけました。
今や京都の代名詞?

交番の看板、なーんてかわいいんでしょ。
交番

バスの停留所までもとても新鮮に感じました。
バスストップ


人気blogランキングへ
  1. 2008/01/05(土) 22:38:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

JR京都駅ビル

京都という街の玄関にふさわしいデザインは何か、
と考えた結果、建築に「谷」を取り入れた、
というのが、建築家 原広司さんの
京都を歩いて見出した回答でした。
駅、百貨店、ホテル、劇場などの機能をもつ JR京都駅ビル。
全面積の1/20にすぎない駅を谷底にみたてています。
京都駅
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜

写真は隣接するホテルグランヴィア京都へ向かう
空中に浮かぶようにして造られた渡り廊下からの眺めです。
改札口へと向かう人の流れ、改札口から出てくる人の流れ。
立ち止まる人、待ち合わせの人、足早に構図からはみだしてゆく人、
ファインダー内に出たり入ったりする人。
ずっと眺めていても飽きそうにない、無声映画のようでした。

人気blogランキングへ
  1. 2008/01/05(土) 22:12:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

新年

西暦2008年、平成20年が始まりました。
今年で鉄腕アトム(西暦2003年4月7日生まれ)も5歳になります。

「石の上にも3年」ということわざがあります。
多聞
NikonD50 Nikon AF NIKKOR 28-80㎜

石のような冷たいものでも、その上に3年も座っていると
少しは温まるものである、万事辛抱が大切である、
3年たてば、何とか道が開けてくるものである、
ということですが、
3年って、なんとも微妙な期間だなぁ、と思います。

私の場合は、
「3年前」 よりも 「5年前」 に焦点をおいた方が
「今」というものが 見えてくるような気がします。

今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
皆さんとのご縁を 今年も大切に育んでゆきたいと思います。


人気blogランキングへ
  1. 2008/01/03(木) 21:19:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:12
前のページ

プロフィール

akiyasu_sukiyasu

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。