Look For The Silver Lining 

Whene'er a cloud appears in the blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日出づる

糸島にある ろうそく工房クレアーレ をたずねました。

夕陽


糸島の二見ヶ浦の夕陽は、日本夕陽百景のひとつ。
そのサンセットをモチーフとした
「夕陽ランタンキャンドル」に、一目ぼれしました。
海へと沈む夕陽―

― これは、今は、「日の出」だ、
そう思いました。

力

ろうそくの火は、太陽と同化し、

太陽

日出づる。
日出づる国。

陽は昇り、照らし続けます。


Name it "Hope" Motoharu Sano








スポンサーサイト
  1. 2011/03/22(火) 01:11:20|
  2. 日本
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:10

陽光


板の上

平面に見える障子。
影が現われることで、ワッフルみたいな凹凸になってました。
たっぷりのシロップをこのくぼみに溜まるくらいかけて食べたい。。。


陽が当たって温まった板の上を、裸足で歩きたいです、そろそろ。



京都 / 大原 三千院   



  1. 2011/03/09(水) 00:06:08|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

会議中

なにやら話し合い中。

会議中です

会議、多いですよね、毎日。



京都 / 嵯峨広沢池付近
  1. 2011/03/08(火) 01:42:48|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

啓蟄(けいちつ)

窓景色

今日は、冬ごもりしていた虫たちが、春に呼び覚まされて外に這い出てくる時節。
啓蟄(けいちつ)という響きは、なんとも耳を捕らえて離さない感じです。

移動中『日本人と日本文化』(中央公論)を読み返しました。
司馬遼太郎さんとドナルド・キーンさんの対談です。

「ますらおぶり」「たおやめぶり」
足利義政と東山文化
忠義と裏切り
日本人の合理主義
日本人と儒教
「恥」ということ 
他力本願
風流ということ
英雄のいない国

タイトルだけでも、そそられてしまう対談です。
昭和47年の対談ですが、まったく色褪せていません。

半世紀ほど前の作品(写真、文学、絵画、などなど)が
今まったく古さを感じない、ということに最近よく遭遇します。
歴史は繰り返す、デザイン、流行も循環している、
とよく言いますが、それとは違う、別の流れとして確かにある何かです。
恒久性がある、というのかな。
太陽や月に対し、「古い」「時代遅れ」なんて言わないのと同じような。
先日の東松照明さんの写真のいくつかにもそれを感じます。

話を戻しますが、この司馬さんとキーンさんの対談本は、
巻末に、日本史の関連略年表と人名索引までついているんですよ。
しんせつ~

今日の写真は、文庫本の表紙を見ていたら思い出した1枚です。


京都 / 宝泉院にて


  1. 2011/03/06(日) 01:00:13|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シャーマン

miko

巫女さんは、神に奉仕して神楽や祈祷を行います。
また神意の伺いをし、神託を告げたり、口寄せなどもします。

傘がない は好きな唄です
傘は準備しています
雨を降らしますか

履物は要りますか
足袋のままでよいですか
素足になるのはいかがですか

暗くなったら
電気を供給しますか
コンセントは繋がっています

すべては
太陽にお任せしますか
朝が来るのを待ちますか


耳は常に澄ましています


京都 / 世界遺産 下鴨神社にて

             

  1. 2011/03/02(水) 00:40:37|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:akiyasu_sukiyasu
福岡在住です。改めてよろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。